成田製陶所 愛知県瀬戸市
製品案内 会社概要 会社沿革 採用情報 グループ会社一覧 お問い合わせ ホーム

製品案内


セラミックフォームとは
鋳物用フィルター
非鉄金属用フィルター
伝熱変換素子の原理
用途と主要材質
セルの種類
各種形状
製品案内トップに戻る
伝熱変換素子 ブリジストン

本技術は、東京工業大学越後教授の約10年に亘る基礎・応用研究と大同特殊鋼(株)、三菱エンジニアリング(株)などによる工業化研究を基に完成した新しい伝熱輻射技術です。
(基本特許:特許番号 第1105758号)

伝熱変換素子の原理
炉内燃焼ガス通路に設置されたセラミックフォームは、大きな骨格表面積を持つため、極めて効率よくガスの顕熱がセラミックフォームに伝わり、固体輻射エネルギーとして射出されます。

この時一番上流側では、熱線は遮られずに被熱物へ輻射されるが、下流側へ向かう熱線は大部分が遮へいされ、ガスは輻射された熱量分だけ温度を下げ、下流へ移動します。

このようにセラミックフォーム内で輻射される熱線は、その点の前後の光学的厚みに応じて減衰し、更に輻射熱量は絶対温度の4乗に比例することが相乗し、ガスはセラミックフォームの上流部分で急激に温度を降下させ、ガス顕熱の大部分は上流方向に輻射され、炉内で有効に活用される結果、省エネルギーに寄与できます。


使用例

1.金属加熱炉(W・H式=ウォーキング・ハース式ビレット加熱)

(1)省エネ効果
燃料原単位 従来 改造後 省エネ率
12%
償却期間 1.1年

(2)セラミックフォーム設置箇所



(3)炉仕様
処理材 SC、SUSビレット
能力
材料抽出温度 1100〜1250℃
燃焼 A重油
セラミックフォーム
資料提供:大同特殊鋼(株)殿

2.ナフサ分解炉(ヘリカルコイル型管式加熱炉)

(1)省エネ効果
燃料
使用量
従来 改造後 省エネ率
償却期間 1年

(2)セラミックフォーム設置箇所



(3)炉仕様
処理材 石油製品
輻射部吸熱量
燃焼ガスの
出入口温度差
680℃(入口)→466℃(出口)
燃焼
セラミックフォーム
資料提供:三菱油化エンジニアリング(株)殿


3.金属溶解炉(アルミニウムるつぼ型溶解炉)

(1)省エネ効果
燃料
原単位
従来 改造後 省エネ率
溶解時間短縮 42%

(2)セラミックフォーム設置箇所

(3)炉仕様
溶材 アルミインゴット及びリターン材
容量
溶解温度 700〜730℃
燃焼 LPG
セラミックフォーム
資料提供:第一熱工(株)殿



■お問い合わせ先
株式会社 成田製陶所 開発本部
TEL/0561-82-5959 FAX/0561-85-0177
〒489-8680 愛知県瀬戸市道泉町70番地

ページの先頭へ

ホーム製品案内会社沿革採用情報グループ会社お問合せ