成田製陶所 成田製陶所
製品案内 会社概要 会社沿革 採用情報 グループ会社一覧 お問い合わせ ホーム

製品案内


セラミックフォームとは
鋳物用フィルター
非鉄金属用フィルター
伝熱変換素子の原理
用途と主要材質
セルの種類
各種形状
製品案内トップに戻る
セラミックフォーム

ブリヂストンが世界に先駆けて開発した
セラミック多孔体。
これまでのセラミック多孔体の概念を破る、
大きな空孔率を有する新素材です。
多孔体
特徴

構造的特徴
・空孔率が高く(80〜90%)、連続気孔の三次元骨格構造であるため、低い圧力損失で高いフィルター性能が得られます。
・見掛比重(0.35〜0.60)が小さく、軽量です。
・表面積が大きいので高い接触反応効率が得られます。

材質的特徴
・耐熱性に優れています。
・耐薬品性に優れています。

製法的特徴
・円柱、円筒、その他各種形状も生産可能です。


セル
セルの特徴→
各種形状→

種類

1.材質
標準材質…コージュライトとアルミナのブレンドタイプ。
その他材質についてはお問い合わせください。
※活性アルミナコーディングも可能です。

2.セル数(ヶ/25mm)
品番 標準セル数 セル数範囲
#06 6 4〜9
#13 13 11〜15
#20 20 18〜22
#30 30 27〜33

3.サイズ(下記サイズの範囲で生産可能です)
形状 最大サイズ(mm)
板物
円柱および楕円形
円筒

製造工程


用途例

・溶融金属フィルター(鋳鉄・銅・アルミニウム・亜鉛など)
・伝熱変換素子(ふく射を利用した省エネ部材)
・ディーゼルエンジン排ガスフィルター
・触媒担体
・散気体・流体ミキサー
・接触反応充てん材
・消音材 など…
※詳細は技術資料を御覧下さい。


■お問い合わせ先
株式会社 成田製陶所 開発本部
TEL/0561-82-5959 FAX/0561-85-0177
〒489-8680 愛知県瀬戸市道泉町70番地

ページの先頭へ

ホーム製品案内会社沿革採用情報グループ会社お問合せ