成田製陶所 愛知県瀬戸市
製品案内 会社概要 会社沿革 採用情報 グループ会社一覧 お問い合わせ ホーム

ガス赤外線バーナ用セラミックプレート

ガス赤外線バーナ用セラミックプレート

セラミックプレートとは?

ガス赤外線バーナの燃焼板として使用される多孔質のセラミック板です。
セラミックプレートには、多数の小孔が設けられており、その小孔から混合ガスを噴出させ、セラミック表面で燃焼させることにより、セラミックが赤熱します。

セラミックプレート形状

  • ・セラミックプレートは、四角形状、円形状、無垢部分を設けたグリルタイプ等、各種形状の製作が可能です。
  • ・規格サイズから大型サイズまで、ご要望に合わせたサイズにて製作可能です。

燃焼面形状

セラミックプレートの燃焼面形状には下記のようなタイプがございます。

1)ダイヤカット

1)ダイヤカット

2)メガネタイプ

2)メガネタイプ

3)ピラミッドカット

3)ピラミッドカット

セラミックプレート材質

セラミックプレートの材質は、主に以下の4種類ご用意しております。使用条件に合わせて選定致します。

材質記号 N-87 NC-95 BC-25 MCT-1
呈色 乳白色 乳白色 白色 淡黄色
気孔率[%] 65 69 65 75
嵩密度[g/cm3] 0.9 0.8 1.0 0.7
最高使用温度[ºC] 950ºC 950ºC 950ºC 1050ºC
特長、用途 汎用材質として広く使用されております。 N-87材、BC-25材と比較して、赤熱するまでの立ち上がり速度が速い。 燃焼後における燃焼面の色の変化が小さいので、燃焼面が見える用途(ストーブ等)に適しています。 高温雰囲気で使用可能な特殊材です。雰囲気温度800ºC程度迄の炉内加熱用として使用されております。
製品案内トップに戻る

■お問い合わせ先
株式会社 成田製陶所 開発本部
TEL/0561-82-5959 FAX/0561-85-0177
〒489-8680 愛知県瀬戸市道泉町70番地

ページの先頭へ

ホーム製品案内会社沿革採用情報グループ会社お問合せ